HOME > 事務所概要

知的資産経営

御社は、このような思い・悩みをお持ちではないでしょうか?

これらの経営課題の解決の力になるのが「知的資産経営」です!
皆様の会社の「強み」は何でしょうか。決算書にも表れる建物・設備、資本金などは、内からも外からも見えやすい「強み」です。しかし、皆様がより良い商品/製品・サービスや売上・利益を生み出す本当の源は、これらだけではないはずです。

例えば、

・すぐれた経営理念
・永年培った伝統・秘伝
・社員一丸となって取り組める組織力
・優秀な人材のもつノウハウ・技術
・顧客や取引先、協力会社との強いネットワーク  
・特許やブランド(知的財産)
といった、周囲からは見えにくい「強み」が、本当の源泉ではないでしょうか。

私たちはこれらの見えにくい強みのことを知的資産と呼び、これらを「見える化」し、皆様の目標・夢の実現や経営課題の解決に積極的に活かすことを知的資産経営と呼んでいます。

知的資産とは

「知的資産」という用語をお耳にされたことはないかもしれません。
「知的財産や知的財産権と何がどう違うのか?」
「ウチはそんなの持っていない」
と思われた方もおられるのではないでしょうか。

しかし、「知的資産」は、ほとんどの企業がお持ちです。


例えば、経産省では知的資産を次のようにとらえています。

『「知的資産」とは、人材、技術、組織力、顧客とのネットワーク、ブランド等の 目に見えない資産のことで、企業の競争力の源泉となるものです。』

『これは、特許やノウハウなどの「知的財産」だけではなく、組織や人材、ネットワークなどの企業の強みとなる資産を総称する幅広い考え方であることに注意が 必要です。』
(出典:経産省・知的資産経営ポータル)


つまり「知的資産」とは、企業の業績と密接につながっている、目に見えにくい全ての経営資源のことなのです。
知的資産経営報告書――見えにくい強みを「見える化」するツール「知的資産経営報告書」は、御社の知的資産を、はっきりと認識し、評価し、それらを今後どう活かしていくかをまとめた報告書です。

大事なことは、
・記載されている強みが、御社の業績と本当にリンクしているかを吟味すること。
・取引先、金融機関、従業員などに公開する対象(読み手)を意識してまとめること。

です。

そして、知的資産を可能な限り客観化できるようなサポーターとして、また、知的資産のさらなる活用法をお考えになるナビゲーターとして、私たち行政書士などの専門家がおります。

お問い合わせ先

TEL:0748-34-3885

FAX:0748-34-3886

Eメール info@tanida-office.net

お問い合わせフォーム

事務所概要

行政書士 谷田良樹事務所

〒521-1211
滋賀県東近江市今町279-21
TEL:0748-34-3885
FAX:0748-34-3886

Eメールアドレス

滋賀県の行政書士 ~たにやんの知的資産経営ノート~

ページの先頭へ